【ブログの話】レンタルサーバー『シン・レンタルサーバー』のメリット・デメリットまとめって話

ブログの話
スポンサーリンク

シン・レンタルサーバーのオススメ理由を語ります

デメリットも知っておこう


ブログサイトを作る際に大事になる『レンタルサーバー』ですが、意外と数が多く結局どれが良いのか悩むところです。

 

作成するサイトによって良し悪しが変わったりするみたいで、結局は自分に合うものを探すしか無いので、多くのレビューや実際に使用している方の情報を見ていくしかありません。

 

今回はレンタルサーバーの中でも『シン・レンタルサーバー』の【メリット・デメリット】をまとめていきますので、これからブログサイトを作りたい人の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

シン・レンタルサーバーのメリット4選

画像引用:国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

今の世の中、検索するとたくさんのオススメ情報が出てくるので見たことあるものは復習のつもりでご覧ください。

 

さて、今回は『シン・レンタルサーバー』の【メリット】を4つまとめてみました。

 

①サーバースペックが高い
②エックスサーバーのシステムを利用
③月額料金は比較的安い
④安心の自動バックアップ

 

経験に勝るもの無しなので、いろんなサイトを参考に自身のサイトを作り上げましょう!!

①サーバースペックが高い

画像引用:国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

シン・レンタルサーバー』は世界最速クラスの表示速度を実現するために『KUSANAGI(クサナギ)』の高速化技術を導入しています。

 

『KUSANAGI(クサナギ)』は、WordPressの高速化チューニングが施された仮想マシンおよびそのイメージのことです。

 

これによりWordPressの処理を最適化しており、その速度は、『世界最速クラス』のWordPress実行環境と評価されています

 

また、『シン・レンタルサーバー』は、全ストレージに高速インターフェースである『NVMe(エヌブイエムイー)』を採用し、ストライピング構成によって、従来の『オールSSD』より約14倍もの読み取りが可能となっています。


②エックスサーバーのシステムを利用

画像引用:国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

シン・レンタルサーバー』は有名レンタルサーバーである『エックスサーバー』と同じシステムが採用されています。

 

エックスサーバー』をベースに進化させたサービスになるので、使い勝手の良い管理画面も、便利な機能なども『エックスサーバー』と同じになります。

 

多くの契約実績がある『エックスサーバー』のノウハウを活用して運営されているのでとても安心感のあるレンタルサーバーです。

 

エックスサーバー』との互換性も高いので、ネット検索する際は『エックスサーバー』として検索すると問題解決も早いでしょう。


③月額料金は比較的安い

画像引用:国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

シン・レンタルサーバー』の月額料金は他のレンタルサーバーより比較的安くなってます。

 

もちろん、『バリューサーバー』や『リトルサーバー』などの格安サーバーと比べると高いですが、高スペックなレンタルサーバーの中では割安で利用が出来ます。

 

エックスサーバー』や『ConoHa WING』など高性能と言われるレンタルサーバーはやはり少し月額料金が高い傾向があります。

 

独自ドメインも無料で取得可能なので高性能サーバーを安く使いたい方にはオススメのレンタルサーバーになります。


④安心の自動バックアップ

画像引用:国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

シン・レンタルサーバー』は全プラン『自動バックアップ機能』を搭載しています。

 

バックアップがあると万が一のことがあってもデータを消失する心配がありません。

 

サイト運営をしていると、予期せぬトラブルでデータが消えてしまうなんてことも起こりえます。

 

そんな時にバックアップ機能がなかったことを考えるとゾッとしますよね・・・

 

シン・レンタルサーバー』はサーバー領域のWeb・メールデータ・MySQLデータベースの『過去14日分』を保持してくれます。

 

ちなみにバックアップデータは『無償』で提供してもらえるので安心ですね。

 

万が一の事態に備えて、『自動バックアップ機能』が搭載されている『シン・レンタルサーバー』を検討されてみては如何でしょうか?


スポンサーリンク

エックスサーバーのデメリット3選

シン・レンタルサーバー』のデメリット】を3つまとめてみました。

 

①プラン変更時は注意
②安定性に不安がある
③リソース不足の通知が無い

 

少し詳しく見ていきましょう。

①プラン変更時は注意

シン・レンタルサーバー』はプラン変更をすぐに行うことができません。

 

これは『エックスサーバー』も同じなのですが、上位プランへ変更する場合には前月の1日~20日までにプラン変更の申請が必要になります。

■上位プランへの変更

→前月20日までに申請が必要。翌月1日から新プランへ変更。

■下位プランへの変更

→契約満了月の20日までに申請が必要。翌月1日から新プランへ変更。

プラン変更は『月単位』での変更となりますので注意が必要ですね。

 

申請日を気にしないといけませんし、アクセスが急増した場合などにすぐ対応が出来ないのはデメリットと言えるでしょう。


②安定性に不安がある

シン・レンタルサーバー』は安定性に若干不安があります。

 

不安材料の1つとして、『稼働率』が非公開になっている点が挙げられます。

 

『稼働率』とは、レンタルサーバーが稼働している時間の中で、トラブルがなく正常に作動している時間を示したものになります。

 

例えば稼働率が99.99%の場合、1年間で1時間はトラブルなどがあり、停止したことを示します。

 

シン・レンタルサーバー』は、この『稼働率』が非公開となっているのです。

 

一応『シン・レンタルサーバー』のベースである『エックスサーバー』は、創業以来『99.99%以上』の稼働率ですので同程度の稼働率はあるとは思われますが・・・

稼働率が非公開なので安定性の不安が少しありますね。


③リソース不足の通知が無い

シン・レンタルサーバー』はリソース不足になっても、通知がされません。

 

通知が無い為、サイトにアクセスが急増した場合、サーバーパネルから状況を確認しなければ、自分のサイトのリソースの状況が分かりません。

 

また、自動プランアップも行われないので、こまめにリソース状況をチェックしなければならないのは少し手間ですね。

 

リソース不足の通知がないのは、『シン・レンタルサーバー』のデメリットと言えるでしょう。


まとめ

ブログ開設までの流れについては『難しそうだけどやれば誰でも出来る』ってのが僕の感想です。

 

レンタルサーバーの合う合わないはそれぞれになるので、きちんと情報を調べて始めることが大事です。

 

実際にご自身で調べてみて、納得して利用を始めるのであれば間違いはないと思います。

 

仮に途中で不満が出てきてしまった場合でも、最近はサイトの引越しも容易になってきているので、新たなレンタルサーバーに挑戦することも可能でしょう。

 

『経験は自分の財産』です!何事にも挑戦していきましょう!

 

シン・レンタルサーバー』にご興味を持たれましたら是非挑戦してみてください。。

 

国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

コメント

タイトルとURLをコピーしました