【ブログの話】レンタルサーバー『ConoHa WING』のメリット・デメリットまとめって話

ブログの話

ConoHa WINGのオススメ理由を語ります

デメリットも知っておこう


ブログサイトを作る際に大事になる『レンタルサーバー』ですが、意外と数が多く結局どれが良いのか悩むところです。

 

作成するサイトによって良し悪しが変わったりするみたいで、結局は自分に合うものを探すしか無いので、多くのレビューや実際に使用している方の情報を見ていくしかありません。

 

今回はレンタルサーバーの中でも『ConoHa WING(コノハウィング)』の【メリット・デメリット】をまとめていきますので、これからブログサイトを作りたい人の参考になれば幸いです!

 

ConoHa WING(コノハウィング)』の申込に関してはコチラにまとめてます

スポンサーリンク

ConoHa WING(コノハウィング)のメリット5選

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

今の世の中、検索するとたくさんのオススメ情報が出てくるので見たことあるものは復習のつもりでご覧ください。

 

さて、数ある『レンタルサーバー』の中でも特に『ConoHa WING』を【メリット】を5つまとめてみました。

 

①国内最速サーバー
②導入費用が安い(初期費用無料)
③WordPress(ワードプレス)が始めやすい
④独自ドメイン永年無料
⑤キャラが可愛い

 

経験に勝るもの無しなので、いろんなサイトを参考に自身のサイトを作り上げましょう!!

①国内最速サーバー

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

ConoHa WING(コノハウィング)』はWebサーバー処理速度が国内レンタルサーバーサービスの中で最も速く2位に約2倍の差をつけて第1位なんだとか。

 

そんな国内No.1の圧倒的な速さを誇る『ConoHa WING(コノハウィング)』で、ストレスのない高速なサーバー環境を手に入れましょう。

 

②導入費用が安い(初期費用無料)

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

自分の趣味程度でブログを書く方も多いでしょう。始めた時はどれぐらい続けて行けるか分からないですから費用は最低限に抑えたいところですね。

 

評判の高い『レンタルサーバー』の初期費用を一覧で比較してみましょう。

レンタルサーバー初期費用公式HP
ConoHa WING(コノハウィング無料詳細はコチラ
エックスサーバー 0円 3,300円詳細はコチラ
ColorfulBox(カラフルボックス) 無料(3ヵ月以上契約)詳細はコチラ
リトルサーバー 920円詳細はコチラ
LOLIPOP(ロリポップ) 1,650円詳細はコチラ
スターサーバー 1,500円詳細はコチラ
バリューサーバー 2,000円詳細はコチラ

うーん、とにかく『レンタルサーバー』は種類が多いので選ぶのがすごく大変です。

 

『レンタルサーバー』を選ぶ理由として『初期費用無料』は大きな決め手の一つのではないでしょうか。

 

『初期費用無料』は、お試しで始めたい方や出来る限り出費を抑えたいには大事な条件かと思います。



③WordPress(ワードプレス)が始めやすい

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

ConoHa WING(コノハウィング)』はWordPressかんたんセットアップ機能があるため、WordPressの開設がとても簡単です。

 

自動で設定をしてくれるので、初心者でもすぐにブログを書き始めることも可能です。

 

また、他社サーバーでお使いのWordPressをご自身で簡単に『ConoHa WING(コノハウィング)』へ移行できるツール『WordPressかんたん移行』を無料で利用できます。

 

更に、移行作業を全て『ConoHa WING(コノハウィング)』の専任の担当者にお任せできる『WordPress移行代行』サービスもあります。

④独自ドメイン永年無料

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

ConoHa WING(コノハウィング)』は『WINGパック』を利用することで独自ドメインがなんと2つも無料で取得できます。

 

『WINGパック』とは、Webサイトを作成するために必要なレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったお得なパックになります。

 

ドメインとはサイトの住所のようなものなのですが、有名なところだと以下のようなサイトで取得することができます。

ドメイン取得サービス取得費用公式HP
ムームードメイン500円~詳細はコチラ
お名前.com 1円~詳細はコチラ
Xserverドメイン
1円~詳細はコチラ

所得するドメインによって金額が変わりますが、どちらにせよお金がかかるのに変わりはありません。

 

そんなドメインが無料で取得できるのですから、利用しない手はありませんよね??

 

とにかく金額を抑えたい初心者には目から鱗のサービスですね。

⑤キャラが可愛い

画像引用:美雲このはオフィシャルサイト!神様目指して修行中!

こんなのどうでもいいって人は次の項目行っちゃってください。

 

しかしね、ブログ作る作業自体が分からない事だらけで頭が痛い時にね、可愛いキャラ見てると頑張りたくなるのよ男は。

 

だから意外と決め手としては大事なのよ、この項目。うん。

 

興味があったら是非ね。

スポンサーリンク

ConoHa WING(コノハウィング)のデメリット3選

ConoHa WING』のをメリット】を3つまとめてみました。

 

①サービス運用の歴史が浅い
②プランが分かりにくい
③契約期間中の解約が出来ない

 

少し詳しく見ていきましょう。

①サービス運用の歴史が浅い

ConoHa WING(コノハウィング)』は2018年にサービスを開始してます。

 

レンタルサーバー業者の中でも有名な『エックスサーバー 』は2003年サービス開始になるので、『ConoHa WING(コノハウィング)』はまだまだ歴史が浅いのが分かりますね。

 

まぁ、歴史が浅いからなんだって話なのですが、なんとなく『老舗』とか聞くと安心するところはありますよね。

 

しかしながら、これから着実に実績を積んでいくでしょうから、いつの日か『歴史が浅い』はデメリットでは無くなることでしょう。

②プランが分かりにくい

画像引用:国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

ConoHa WING(コノハウィング)』はプラン数が多く、しかも違いが分かりくいというデメリットがあります。

 

契約期間など細かく分かれているので、悩む反面、自分にあった期間で契約が出来るメリットと考えることもできます。

 

初めてウェブサイトを運用する方なら、深く考えず『WINGパック』のベーシックを選ぶと良いでしょう。

 

契約期間は長い方が月額料金は安いので、その辺はお財布と相談して決めてください。

③契約期間中の解約が出来ない

ConoHa WING(コノハウィング)』のWINGパック』ですが契約期間中に解約することが出来ません。


『WINGパック』は、契約期間によって月額料金の割引が大きいなどのメリットがありますが、中途解約が出来ないというデメリットがあります。

 

『解約』の仕組みとしては『WINGパック』の自動更新を無効に設定し、契約満了日を迎え、15日間の復旧可能期間を経て『解約』となりますので少し面倒ですね。

 

WINGパックの自動更新が有効になっている場合、契約満了日の30日前から更新期間となるので、解約をご希望の際はあらかじめ自動更新を無効に設定する必要があります。

 

また、『WINGパック』は料金先払いですが、途中解約しても返金はありませんので注意が必要です。

まとめ

ブログ開設までの流れについては『難しそうだけどやれば誰でも出来る』ってのが僕の感想です。

 

使用するレンタルサーバーによっては難しいものもあるみたいですが、『ConoHa WING』は実に簡単です。

 

やはり利用しているユーザーが多いレンタルサーバーを選んどけば間違いないと思います。調べるにしてもたくさん情報が出てくるのであまり迷うこともありません。

 

『経験は自分の財産』です!何事にも挑戦していきましょう!

 

さて、『ConoHa WING』にご興味を持たれましたら是非挑戦してみてください。。

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

コメント

タイトルとURLをコピーしました