3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るので読んでくれる人がいたら色んなものを撒き散らしながら喜ぶブログ

【スポンサーリンク】

同級生に相手にされないからって年下狙うなよって話

先日、テレビを見ているとこんな特集を目にした。

 

『小学生に見えない小学生』

 

f:id:EternalThirdPlace:20190601014938j:plain

 

なんだこれは?ということで僕は手を止めた。

 

簡単に言うと『小学生に見えない小学生』ってことだった。

 

化粧して髪を染めて露出の多い服を着ている小学生。

 

出てくるのはそんな小学生ばかり。

 

え?あれ、これ日本大丈夫か?

 

と感じたのが正直な感想。

 

スタジオにいる芸能人の方々は「きれい」「大人っぽい」を連呼していた。

 

確かに、芸能人の方々からすればそれでいいのかも知れない。

 

それが普通の反応なのかも知れない。

 

・・・がこれが僕みたいな一般人から見たらどうだろう?

 

正直僕は『無し』だと感じた。

 

僕の中で『かわいい・きれい論』というものがある。

 

もちろん何の根拠も無いし、学界にも発表してないので何の賞も頂いてないが。

 

簡単に説明すると女性は「かわいい」から「きれい」を経過したのち「かわいい」に戻るが理想、かわいいは上昇期間、きれいは停滞期間という理論である。

 

あくまで僕の持論なんで女性の皆様怒らないでくださいね。

 

つまり『かわいい』ってのは最強なんです。子供って何してもかわいいでしょ?

 

かわいいってのは無条件で優位に立てる状態ってことですね。

 

さて一方、『きれい』ってのは言ってしまえば現状維持です。

 

「何歳だけどもきれい」とかいう使われ方が多いですね。

 

そしてかわいいと違ってきれいは維持するのがとても難しいです。

 

一瞬でも崩れると「昔はきれいだったけど・・・」と言われます。

 

やり過ぎると若作りと言われますし、極め過ぎると整形することになります。

 

つまり『きれい』という期間は本来は寿命が短いものなのです。

 

それを打開するには年齢を重ねたのちもう一度「かわいい」に戻ってくるしかない訳ですね。

 

つまり笑顔のかわいいおばあちゃんな訳です。

 

まぁ何が言いたいかというと、若くて無条件でかわいい時代に無理やり綺麗を先取りしちゃうと後が大変だよって事です。

 

ようはのびしろですね。先に停滞期間作っちゃダメってことです。

 

そりゃ若い期間は綺麗を先取りしてもやっていけますよ。だって下地にかわいいがいるんだから。混ぜてもどうにかなりますよ。

 

でもその割合って減って行く訳ですよね。

 

先取りし過ぎで17歳とかでバリバリ化粧してってやってると、あぁそういう感じなんだね・・・って評価になると思います。

 

だからかわいい期間ってのはそのかわいらしさを存分に活かした方がいいのになぁと思います。

 

今の時代中学、高校生の彼氏がいる小学生もいるみたいです。

 

番組が彼氏さんにその子のどこが好きかたずねたところ、

 

いやぁ、大人っぽいのにたまに子供っぽいとこっすかね!!

 

と満面の笑顔で答えてました。

 

まぁ普通にまだ子供だよね。年齢的に。

 

なんかいろいろと日本は終わってる気がした日の話でした。