3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るので読んでくれる人がいたら色んなものを撒き散らしながら喜ぶブログ

【スポンサーリンク】

魚はいつまで疑似餌に釣られ続けるつもりなのかって話

お刺身をお昼に食べた。

 

f:id:EternalThirdPlace:20190629085954j:plain

お刺身定食という割と馴染みのある食べ物なのだが、魚を生で安全に食べられるというところに改めて感心する。

 

日本は魚に限らず生食は多い。

 

世界ではもしかしたら生食の方が多いのかも知れないが、やはり違うのは安心感だと思う。

 

自分の子供が当たり前のように刺身を食べているのを見ると、日本に生まれて良かったなぁと思う。

 

さて、そんな食べるとおいしい魚について僕は思う事がある。

 

魚っていつまで疑似餌に騙され続けるんですかね?


世の中には魚釣りが好きな人が多いと聞きます。

海に向かって糸を垂らし、魚が食らいつくのをひたすら待つ。

 

波を読み、風を感じ、根拠のない第六感に頼ってひたすら待つ。

これは僕みたいに長いこと待つのが苦手な人には向かない趣味だ。

 

釣れない間も楽しいんだよ

 

と近所の釣り好きは言うが、それはホントに楽しいのだろうか?

 

まぁどちらにせよ基本的には魚が針に食いつくまで待つのだろうが・・・

 

アレってなんで食いついてくるんでしょう?

なんか魚同士で、

「アレ絶対人間の罠だぜ。食うと釣られるぜ。」

とか会話しないんですかね?

毎回毎回馬鹿みたいに釣られて。

口に針を残したままの奴が釣れたりするみたいですし、学習能力ゼロですよ。

 

もうちょっと脳みそ発達させる事はできないんでしょうか?

生き物は何千年何万年とかけて進化していくはずです。


魚なんてもうずーっと海や川にいる訳だから、一匹ぐらいまともな奴が生まれても良いはずです。

 

そしてそいつがみんなを教育してあげても良いはずです。

 

めだかの学校的なやつですよ。 ←?

そうやって進化した魚が増えれば、釣りとは『ただ釣れるまで待つもの』ではなく『魚との心理戦を楽しむスポーツ』になりそうな気がします!!

 

将来のオリンピック競技も狙えるかも知れないですね!

いかに魚を騙して大量に釣るかを競い合うスポーツ。

うーん、これなら釣りに興味のない僕もやってみたくなるかもなぁ。

 

しかし、僕は気づきました。

 

人間だって根も葉もない噂話(疑似餌)に簡単に釣られてしまってますよね。

 

だったら魚がいつまでも釣られちゃうのも仕方のない話ですね。

 

だって人間は魚より優秀な生き物なのだから・・・