3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るので読んでくれる人がいたら色んなものを撒き散らしながら喜ぶブログ

【スポンサーリンク】

宝くじに当たっても賞金を取りに来ない人もいる話

『10億円』

f:id:EternalThirdPlace:20190723010335j:plain

季節の節目になるとよく耳にします。

 

サマージャンボなんちゃらや年末ジャンボなんちゃらってやつですね。

 

もしも当てることが出来た場合、人生が劇的に変わることは間違いないと思う。

 

1億円とか、5億円とか、7億円とか・・・

 

こんな金額を聞いても僕はいまいちピンと来ない。

 

確かに、小学生の頃は良く口にしていた記憶はあるのですが。

 

はい、罰金10億円

 

アナタも経験があるのではないでしょうか?

 

何気なく使っていた幼少時代。

 

しかし大人になるにつれ、その額の大きさに気付き、段々と使わなくなって行くものだ。

 

普通に生活していると、そんなお金は目にすることは少ないと思う。

 

僕みたいなクソ庶民がもし、この『億』と言う金額を目にすることがあるとすれば、それはそう、『宝くじ』が当たった場合のみだ。

 

今の宝くじはキャリーオーバーやらで、10億円近いお金が当たるとか当たらないとか言ってます。

 

宝くじの還元率はとても低いと聞きます。

 

要は当たりにくいってことでしょう。

 

しかし、

 

どうせ買っても当たらないし!!

 

なんて思っている人には当たりません。

 

とりあえず、まずは買うことが大事なんですよね宝くじって。

 

0と1では歴然の差です。

 

『億』を超える金額が当たる確率は、いろんな宝くじがありますが、約1000万分の1と言われています。

 

買っても、1000万分の1という良く理解できない確率でしか当たらないが。

 

買ってないと当たる確率は0であります。

 

どちらが夢があるのかってのは一目瞭然ですね。

 

宝くじを買うと、当たるかもしれないという希望や夢をもてます。

 

たかが紙切れ一枚でドキドキできる宝くじ。

 

これって意外にコスパがいいのではないだろうか。

 

しかしこの宝くじ、いざ当たっても取りに来ない人もいるそうだ。

 

1等の番号を発表しても、期日が来ても当選者が現れない。

 

もしも僕が当選していた場合、会社休んででも取りに行くと思うのだ。

 

じゃあなぜ現れないのだろうか?

 

単純に買ったことを忘れている人もいるもかも知れないし。

 

余りにも驚きすぎて亡くなってしまった人もいるのかも知れない。

 

いずれにしてもすごく勿体ないことである。

 

どうせ人生一度しかないのならば、お金持ちの人生を経験してみたいと思うのが人間の性であると思う。

 

僕は宝くじを当てて、クソニートになることが夢だ。

 

今はネットでも買えるので、時間が無い時でもささっと購入が可能だ。

 

さて、夢を叶える為に、今日は仕事帰りに数枚買ってみるとするか。