3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るだけのブログ

【スポンサーリンク】

知らない店に入るのはかなりの勇気を要する話

f:id:EternalThirdPlace:20190805114108j:plain

僕はガラスのハートだ。

 

街を歩いていると色々なお店を発見できる。

 

そこで僕は思うのだ。

 

お店に入りたいけど入りずらい

 

特に飲食店に多いと思う。

 

お、あれ食べたいなぁと思って店に近づくのだが、独特の雰囲気に圧倒され中に入れない。

 

すごい玄人感が漂っているお店とか、一見さんお断りっぽいとことか、オシャレ過ぎて逆に入りずらいお店とか。

 

なら友達と二人で行けばいいじゃん

 

と知り合いにも言われるのだが、

 

その友達がいないんじゃ。お前が一緒に行ってくれるんか?あ?

 

となってしまう。

 

つまり友達と行くと言う裏ワザは僕には使えないのだ。

 

しかしやはり人間だもの、おいしそうなお店には行ってみたい訳で。

 

この前勇気を出して行ってきましたよ。

 

店員さんの、『お一人ですか?』が心に響いたが何とか着席することが出来ました。

 

しかし、更なる問題が僕を襲う。

 

注文の仕方が分からん。

 

そのお店は店員さんに声をかけて注文するタイプだったのですが、これが人見知りにはかなりハードルが高い。

 

あれ?これ水だけ飲んで帰るパターンじゃね?なんて事が頭を過ったが、どうにかこうにか注文が出来た。

 

そして念願の料理と対面したのだが、ここで更に問題が発生。

 

調味料をかけようとする僕、周りから浴びせられる視線。

 

そう、そのお店独自の『食べ方』があるパターンのお店だったのだ。

 

まず最初はこうやって、次はこうやって、最後はこうやって・・・

 

うるせぇええええ!!

 

郷に入っては郷に従えと言います。従いたいですよ、従う以外無いですよ。

 

でもね、こっちは初めて来てる訳なのでその従い方が分からんのだよ!

 

なんやかんや料理で腹いっぱい、緊張で胸いっぱいになって帰宅した僕は二度と行きたくない気持ちでいっぱいだった。

 

これはね、大問題ですよ。

 

僕と同じやついっぱいいると思うんですよ。

 

世の中ポジティブなヤツばかりではないですからね。

 

という事で、世の飲食店経営者様に僕から提案です。

 

『初心者専用の入り口と席を設けましょう』

 

常連客と何も気にしない方はAの入り口から、初心者さんや人見知りさんはBの入り口からってことで二つ入口を準備しましょう。

 

初心者様席は3席ぐらいでいいので、隣を気にしないでいいように仕切をつけてあげましょう。

 

そしてお店のルールとか色々書いたものをテーブルに準備して、食べ方とかそんなのを周りを気にせず体験できるようにしましょう。

 

そして数回通った後は、もうルール分かってますから、一般の入り口から堂々と玄人感を出して入店出来ると思います。

 

どうですか飲食店経営者の方!このアイディアどうですか?

 

相談内容によっては譲ってあげていいですよ、この案。

 

世の中の人見知りに幸あれ。