3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るだけのブログ

【スポンサーリンク】

人任せはダメだけど、人に任せるは大切って話

f:id:EternalThirdPlace:20191017172558j:plain

僕担当じゃないんで分かりません。

お前マジで使えないヤツだな。

『人任せ』

 

仕事を人に任せるのが苦手な人は多いのではないでしょうか?

 

僕自身がとても苦手で、割と自分一人で解決してしまう方です。

 

でもそうなると結構つらい事も多いんですよね。

 

僕自身も、ストレスで押し潰されそうになる事もしばしば・・・

 

ストレスに負けない仕事のやり方を身に着けるのも大切ですね!

出来る人ほど評価されない会社もある

自分で色々と勉強して仕事が出来るようになるのはとてもいい事です。

 

僕も日々学べることはしっかりと経験して、仕事に役立てています。

 

そうなると、例えば問題が起きた時、それを他人に振ることなく自分で解決していける事が多くなってきます。

 

これはとても素晴らしい事で、皆がこうあれば仕事には何ら支障は無くなる筈なんです。

 

ですが、一人で何でも出来過ぎると何が起きるでしょう?

 

そうです、楽に仕事してるように見られるんです。

 

アレ?あいつ仕事終わったのかな?ならこれも任せちゃえ。

 

となってしまうんです。不思議ですね。段取りよく仕事してるだけなのに。

 

効率良く仕事が回るように頑張ってるのに、傍から見ると『楽してる』や『あんまり仕事してない』ように見えちゃうんですよね。

 

地方の会社だと都会に比べて遅れているので、こういう人って逆に評価されない事もあるんですよね。

 

いつも忙しそうにしてる1つの事しか出来ないヤツの方が評価されるという中小企業あるあるですね。

『人任せ』では無く『人に任せる』力を付けよう

仕事を人任せでやってる人は、緊急時にクソの役にも立たないヤツです。

 

「〇〇がいないから分かりません」「担当では無いので・・・」なんて言ってると、一番解決してあげなければならない相手からの要望に応える事が出来ません。

 

しかし一人一人仕事のキャパがありますから、なんでも一人で抱えてしまっては、出来るものも出来なくなりますし、ミスも増えてしまいます。

 

そんな時に大事になってくるのが仕事を『人に任せる』ことです。

 

これは「あの人に任せたから僕は知りません」って言う事では無くて。

 

要所要所で、他人を上手く使えるようになろうって事です。

 

仕事にしても、私生活にしても、他人は必要以上にアナタを助けてくれたりはしません。

 

自分が上手く出来てればそれでいいと思ってしまうのが人間です。

 

僕も正直職場の同僚が怒られてても何も感じません。

 

自分の仕事さえ、滞りなくできればそれでいい訳ですから。

 

だから他の人を上手く使えるようにならないと、いつまでも自分だけが辛いままなのです。

人に任せられる仕組みを作っちゃおう

とにかく大事なのは『全て任せない』こと。

 

例えば1~10の工程がある仕事ならば、1~2そして9~10は自分でやる事。

 

残りの3~8は専門の方にお任せするなどで対応。

 

お客さんは初めの迅速な対応と終わりの対応がしっかりしてればある程度満足してくれます。

 

やれない事をいつまでも自分だけで抱え続け、対応が遅れてクレームになるよりは、上手に人を動かした方が仕事のストレスも減ります。

 

仕事をしているとなんでも一人で出来るスーパーマンに憧れますが、そんなことが出来るのは一部の人だけです。

 

僕みたいな凡人は人に助けてもらわないと生きて行けませんから。

 

上手に任せる仕組みを作ることで、自分の負担も少なくなりますし、周りからの評価も変わってきます。

 

『上手にサボる』これが出来る人がホントに仕事が出来る人なんでしょうね!

まとめ

とは言え、人数が少ない会社じゃそうは行かない、そもそも任せれる人がいないって意見もあると思います。

 

でもそれってただの言い訳で、環境を変えるチャンスは誰にだってある筈ですよね。

 

資格を取ることだって出来るし、転職する事も出来ます、開業や独立など仕事の幅は自分で閉ざさない限り無限にあります。

 

何もしないまま文句だけ言ってる人は、しょうがないので一生文句言いながら仕事をすればいいだけです。

 

変えたい、変わりたい気持ちがあれば仕事は如何様にでもやり方あると思います!