3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる僕が感じたことや思いの丈を綴るだけのブログ

【スポンサーリンク】

スマホゲームの台頭によって失われた楽しみって話

f:id:EternalThirdPlace:20191019153325j:plain

課金システムは人々から努力する力を奪い去った・・・

世の中金だぞ。

 

最近のスマホゲームはクオリティが高い。

 

一昔前はゲームと言えばテレビの前でやるものだったのだが、今や出かけ先で簡単に楽しめるようになった。

 

僕もスマホゲームは好きなのだが、今回はスマホゲームの台頭によって失われた楽しみについて。

そもそもスマホゲーム自体が凄すぎる

携帯ゲーム機は昔からあったが、それなりに障害も多かった。

 

まずやりたいゲームによっては端末からの購入が必須だった事。

 

要はプレイステーションのゲームはニンテンドースイッチでは出来ないよってこと。

 

その点スマホゲームはandroid端末でもiphoneでも同じゲームが出来る。(一部出来ないものもあるが)

 

更には購入代金についてもアプリは『無料』のモノが多いのも特徴だ。

 

お手軽に始められるってのは、多くのユーザーを獲得するには一番効果的な事ですね。

 

さらにさらに、定期的なイベントを行えて、ユーザーが飽きることなく長く楽しめるようになっている。

 

他にもたくさんいいところがあるが、要はスマホ一人一台時代において追加で端末購入の必要が無く、かつ無料で、定期保証も完備しているスマホゲームが流行らない訳ないでしょって事である。

無料という魔性の言葉

僕自身もスマホゲームは大好きなので、それを否定するつもりは無いが、スマホゲームのせいで失ったものも多いと思う。

 

子供にとって昔は『ゲーム』と言う物は高価なものだった。

 

僕も子供の頃ゲームが欲しくて、どうしても買ってもらいたくて、親に頭を下げて懇願していた時期もありました。

 

もちろん今もゲームは高価なものですが、無料で出来るスマホゲームが出来た事により、『ゲームは無料でダウンロードできるもの』って考えが子供に芽生えていると感じる。

 

子どもの友達が遊びに来た時も、

 

おじちゃん、無料だからこのゲームダウンロードして。

 

とせがまれることが多い。

 

断ると「無料なのに・・・ケチ、クソおやじ」となってしまうのだが。

 

いやいやちょっと待てと。そんな簡単に人の家の子どもになんかやってあげる義務はあるのか?と。

 

そもそも無料だからとかの問題でも無いし、ちょっと君のお父さんと話をさせて貰えないかな?となる訳です。

 

なんか大切な感情が失われてるんじゃないかと心配になります。

レベル上げの苦労に耐えられない

ゲームを始めるとすぐに、

 

強いキャラがいないからクリアできない。課金したい。

 

と子どもが言うが。

 

いやいやちょっと待てと。その辺の凡庸キャラでもレベル上げて育てりゃクリアできるだろと。

 

お父ちゃんはね、最初の村を出たところで限界までレベルを上げてからしか次の村には行かなかったよと、教えてあげる訳です。

 

この様に、『努力する』『地道な作業を繰り返す』に苦痛を覚えてる子供が多すぎる。

 

これはつまりお金で強くなれるという課金システムの登場のせいだ。

 

まるで拷問の様なゲームをやってきた僕からすれば、無課金で地道に毎日コツコツは全然苦ではないのだ。

 

毎日ログインで貰える魔法石をコツコツ貯めて無課金で遊ぶ。

 

そう、毎月のお小遣いを削り削られて、少ない小遣いを如何にして貯めるのかを日々考えている僕にとってこれは造作もない事なのだ。

 

今の子にはきっと真似できないだろう。

まとめ

そんなものにお金つぎ込んでると生活できなくなるぞ

 

と子どもに言ったら、

 

そんなものに数万お金を使ったぐらいでヒィヒィ言わないようにお金を稼ぐから心配すんな

 

と返された。

 

うん、子どもの方が大人だね。もっと仕事頑張ろう・・・