3位じゃダメなんですか?

世の中庶民の方が多いわけだから、3位ぐらいで幸せなんじゃない的な事を考えながら生きてる不動産屋勤めの僕がなんやかんや感じたことを気ままに綴るだけのブログ

【スポンサーリンク】

寒い日の二度寝は遅刻率75%って話

f:id:EternalThirdPlace:20191130083806j:plain

あ、あと5分・・・5分だけ・・・

お前それ遅刻するぞ。

寒くなって参りました。

 

お布団が恋しい季節です。

 

冬は夏よりも好きなので、寒い分には問題は無いのだが、朝起きるとなるとやはり冬の方がツライ。

 

やはり夏場よりも冬場の方が遅刻率が高いらしい。

その5分は3時間分の睡眠に匹敵する

冬は飲み会も多くなる為、夜帰りが遅くなっている方も多いのではないでしょうか?

 

飲んだ次の日は特に朝がツライです。

 

布団はあったかいし、部屋は寒いしで中々布団から出られない。

あ、あと5分・・・あと5分寝かせてくれ・・・

なんて方も多いでしょう。

 

しかしなんと言ってもこの5分が最高に気持ちいい。

 

二度寝した時のあの5分間、僕個人的には3時間相当の睡眠に匹敵すると思っている。

 

起きれる保証や核心は無いが、無意識のうちにあの5分を求めてしまう自分がいるのも事実だ。

 

今ここで起きれば何の問題も無い・・・しかしあと5分だけなら二度寝しても十分間に合う・・・

 

本来起きる予定だった時間の20分前ぐらいに目が覚めた時は、頭の中で凄まじい葛藤が繰り広げられるのだ。

 

危険なのは分かっていても求めてしまう。

 

そりゃ二度寝が危険なのは分かっているが、あと20分は寝れた事実が僕を再び眠りへと誘うのだ。

 

たまに脳が二度寝を欲している時がある気がする。

 

僕はコレを『二度寝中毒』と名付けようと思う。  

たかが5分、されど5分

しかしこの二度寝の5分は至福の5分間でもあり、同時に魔の5分間でもあるのだ。

 

あと5分だけ寝るつもりが、目が覚めたら1~2時間経っていたなんてのは良くある話だ。

 

会社に遅刻は確定だし、大事なデートなら完全に嫌われる。

 

一世一代の大事な日に遅刻したともなれば、今後の人生にも関わってくる。

 

 最高に気持ちのいい5分だが、その分リスクも高い訳だ。

 

人はいつだって危険を求めるもので。

 

それが危なければ危ないほど、上手く行った時の快感も倍増するのだ。

 

きっちり5分で目覚めた時のやってやったぜ感は凄い。

 

しかし大半は失敗するので二度寝はオススメしない。

 

僕は二度寝すると40%ぐらいの確率で寝坊するので、目が覚めたら少し早くても起きるように心掛けている。

まとめ

僕は目覚ましは3つほどかけてます。

 

スマホ、アレクサ、置き時計、こいつらが僕の命を握っています。

 

しかしたまにこいつ等が全部鳴っても起きれない時がある。

 

もう一個目覚まし追加しようかな・・・