【ボヤ記】『30代・無職・男性』から連想される事にろくなことがないって話

ボヤ記

30代・無職・男性、何も起きないはずもなく・・・

パワーワードだね。

『30代・無職・男性』

 

この言葉、最近よく見かけるのは気のせいだろうか?

 

何せこの言葉が揃った時のイメージが悪く、放火、虐待、強盗、殺人、こういうニュースの大半に絡んで来てる気がする。

 

僕も30代男性なのでちょっと物申したい。

スポンサーリンク

まるで予知者にでもなったかのような

事件のニュースとか見てても、

 

本日、〇〇県で児童虐待の事件が発生しました。

どうせ犯人は30代の無職の男性だろ。

容疑者はこの家に住む30代無職の男性・・・

ほらな。

 

割とコレが多い。

 

もう30代男性のイメージ悪すぎだよ。勘弁してくれよ。

 

もうね、段々と分かってくるんですよ。

 

「あ、コレ30代無職の男性来るな」って。

 

一種のゾーンですよ、見えてくるんですよ、無職の30代男性の姿が。

30代の男性のイメージを回復したい

僕は言いたい。

 

世の30代男性の皆様は働き盛りで日々頑張ってます!

 

誰も言わないから僕が代表して言いますよ。

 

言ってもね、僕も30代男性ですよ、3つのパワーワードの内の2つに該当してるじゃないですか。

 

崖っぷちですよ、ギリギリですよ。

 

 

もうね、あらぬイメージばかり先行してますから30代男性は怒ってますよ。

 

テレビ見てて、

 

あれ?逮捕された奴同級生じゃね?

 

ってなってドキドキしちゃいますよ。

 

30代男性のイメージアップの為に、夕方のニュースで『今日も頑張る30代男性特集』やりましょう。

 

うん。それがいい。

 

いや、誰が見るのかは知らん。面白くするのは制作会社の仕事よ。

まとめ

『30代男性』、うーん、しかしまぁこれだけ見ると悪いイメージ無いんだけどなぁ。

 

仕事も身体も一番脂がのってる時期だし。

 

・・・アレ?てことはコレ実は『無職』って部分が一番悪いんじゃね?

コメント