【ボヤ記】あ、大丈夫、落ちても洗えば食べられるからって話

ボヤ記

メイドインジャパンの安心感

安いものは全部外国産だよ

『〇〇産』

 

食べ物や服など僕たちの生活に必要なものには産地というものあります。

 

要は作られたところですね。

 

今回はそんな『産地』の話。

安いものを求めてるのだから文句言うのは間違い

さて、皆さんは物を買われる際に『産地』の表示を気にして買い物をされていますか?

 

〇〇産の車は嫌だ

 

〇〇産の食べ物は食べたくない

 

などの声を耳にしますが、一体全体どれぐらいの人が気にされているのでしょう?

 

ちなみに僕は、『一部気にする派』です。

 

はい、ずるい回答ですね。

 

世界中に多種多様な会社がある訳なので、国内産以外の物が出回るのも仕方ない話だと思います。

 

そもそも、今の世の中『安くて良いもの』を求めすぎなんだと思うのだ。

 

確かに、安くて良いものが出来ればそれに越したことはない。

 

しかし『物』を作るという事には『お金』がかかる訳です。

 

製作費はもちろんの事、人件費なんかもかかりますね。

 

だから安く作る為になるだけ人件費の安いところで作ろうと考えた訳ですね。

 

既に皆が満足するような安さの物は日本国内での生産は難しくなってます。

 

ほとんどが海外にある工場で作ったものを利用しています。

 

しかしこれでもまだ世間はもっと安いものを求めています。

 

そうなるとどうなるのか?

 

そうですね、『品質下げて材料費削る』しかないんですよね。

 

でも質の悪い物を提供すると今の消費者はガチ切れします。

 

100円均一の商品にすらキレて文句をいいます。

 

・・・いや、言っても100円だからね?

 

もうこれ値下げの限界でしょ?これ限界来てるでしょ?

 

安さを求めたいのか?品質を求めたいのか?どっちを重視して買い物をするのかを消費者側も考えるべきだと思うのだ。

 

安いものを買ったのならば、ある程度品質が悪いのは我慢すべきだし。

 

品質が良いものを買うのであれば、それなりに金額がするものなのです。

スポンサーリンク

10円でも安いスーパー求めて彷徨う

食品関係も『産地』を気にする人多いですね。

 

『国内産』だけを選んで食べてる方も多いと思います。

 

だって衛生管理など毛ほどもされていないような工場で、食べ物が作られているニュースを見たら海外産の食品選ぶの躊躇しますよね。

 

しかしそんなことを言っても、国内産だけを好んで食べる訳には行かないのですよ。

 

理由は単純ですね。

 

はい、『お金が有りません』

 

僕はお金が無いので高い国産品ばかり食べれないです。

 

なんだかんだ言って、どうしても安い方を手に取ってしまいます。

 

結局安い商品を食べるしかないので、僕はそんな産地がどこだとか選んでる暇はないのです。

 

100円でも安い方を買う訳ですよ。

 

日本は世界から見ても衛生管理のしっかりされた国だと聞きます。

 

実態はどうであれ、実際に普通にスーパーに並んでいる食用品を食べても不衛生が故の伝染病や感染病が少ないのも確かですよね。

 

日本のスーパーに並ぶ以上、ある程度の基準はしっかりとクリアした上で並ぶのでしょうから、特段気にしなくてもいいのかなと思ってます。

 

それに食品なんて時代と共に変化しますし。

 

食品表示とか見ても、良くわからない物が使われてますし、それ普通に食べて育ってきましたからね。

 

もう今更選り好みして食べたところで手遅れなんです。

 

産地がどこだろうが、食べなければ生きて行けません。

 

身体に良い物も、身体に悪いものも全て血肉に変えて行くしかないですよね。

 

何十年後にね、やっぱり今使ってる材料は体に悪いものでしたって言われてもね、手遅れなんですよ。

 

今、この瞬間に食べて行かないと元気が出ないですし、明日への活力が生まれませんよね。

 

うん、間違いないです。

まとめ

大体ね、食べ物なんてちょっと落ちても食べられるんですから。

 

もうね、産地産地言ってもね、全部地球で取れるわけですから、『地球産』ですよ。

 

地球というきれいな星で作られるものですから、ある程度は大丈夫な筈です。

 

火星とか水星とか、地球外で作られる時代になった時に、改めて産地を気にしてみようかな。

 

今すぐお得に美味しい有機野菜や無添加食品を味見♪

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
13位じゃダメなんですか?

コメント