【ボヤ記】いったい誰に対していい夫婦を演じてるんだって話

ボヤ記

誰が見ても羨む夫婦ほど闇が深い

外面って必要ないのよね

『夫婦』

 

男女関係のもつれのニュースを良く耳にします。

 

恋人同士や夫婦、後は付き合って無くても巻き込まれてしまったりしてるみたいですね。

 

今回はそんな『夫婦』に関する話。

相手に自分の理想を押し付けない

男女の仲は、愛情が足りないと不仲になるし。

 

逆に愛情が深すぎるのもろくな事がない。

 

かと言って、誰とも付き合わない、結婚もしない、色恋沙汰も無いってのも辛いですよね。

 

関係を持っても大変、持たないのも大変って、これもう八方塞がりですね。

 

何でしょう、何事もなく『幸せ』だけを手にすることは出来ないのでしょうかね?

 

男女仲が悪くなってしまう原因、やっぱり『浮気』をしてしまうのが一番の問題なんでしょうか?

 

浮気と言えば、『寂しいかったから・・・』って理由が一番多いと聞きます。

 

寂しいって辛いですよね。

 

人間って一人じゃ生きていけないと思います。

 

誰かに依存したくなるのが人間ですよね。

 

せっかく『アナタに依存したい』って人を見つけたのに、その人から寂しくされたら気持ちが揺らいじゃいますよね。

 

これは男も女も同じ気持ちだと思いますよ。

 

もともと男と女って違う生き物なんですよ。『赤』『青』みたいな。

 

『赤』『青』になれないし、『青』『赤』になれないんですよ。

 

手術すればなれますってのは無しですよ。

 

何が言いたいかというと、アナタの恋人や配偶者は『アナタが完全に思い描く理想の人』には絶対になれないってことです。

 

付き合ったり、結婚したりすると相手の『こういうところが嫌だ』『ああいうところが嫌だ』って自分と違うところを嫌う発言が良く出ますけど。

 

違うのが『当たり前』じゃないんですか?

 

もともとは自分と違うから、その人の事を好きになったんじゃないんですか?

 

『赤』『青』『紫』を作りたいから一緒になったんじゃないんですか?

 

相手は自分では無いのですから、完全に思い通り、理想通りなんてそもそもあり得ないですよ。

 

自分の『理想通りの人』ってのは、自分に都合がいい様に動いてくれる人のことを指すと思うのです。

 

だからちょっと自分の考えと違うことが起こると、相手を批判してしまうのでしょう。

 

でもこれでは良い夫婦関係は築くことが出来ませんよね。

スポンサーリンク

世間体の為に結婚する訳ではない

少し話は逸れますが、日本って一人の女性や男性に執着しすぎな気がします。

 

先ほども言いましたが、もともと他人なんだから完璧な『意思疎通』って無理でしょ?

 

完璧にシンクロするのが目的ならクローン技術の発達を待つしかありません。

 

自分のクローン作って自分と結婚するしかないです。

 

もともと違うんだってことをいつまでも理解せず、我慢して、我慢して、我慢して、どうしようもなくなって『浮気』したり『犯罪』を犯したりするなんてなんか虚しいです。

 

そんなに合わないんだったら、キッパリ別れちゃえばいいじゃないですか。

 

世間体?気にしてたってしょうがないですよ。

 

どうせ100年経てば誰もあなたの事なんて覚えてないですよ。

 

人生1度しかないんです。また子供から『やり直し』は出来ないんです。

 

世の中、離婚すると『✖』が付くように出来てますが、バツイチとか言って悪いように言いますけど、全然悪いことでは無いですからね。

 

1回と言わず、2回でも3回でも結婚すればいいじゃない。

 

最後死ぬときに幸せならそれは『✖』じゃなくて『〇』ですよ。

 

夫婦生活を円満に続けて行くために一番大切なことはまずは『自分の色』を知ることだと思います。

 

相手の色も大切ですが、何より自分の色が一番大事です。

 

自分が『黒』だったらどんなに相手を選んでも『紫』は作れないです。

 

でもね、考え方によっては『黒』『白』と結婚して『灰色』を作れるんですよね。

 

隣の色を気にするぐらいなら、出来上がった『灰色』を生涯かけて大切にしていくのが幸せですよね。

まとめ

パートナーがいながらにして、別の色を求めるから夫婦生活が破綻するんです。

 

そんなに他の色が気になるなら、きっぱり別れてから行動するべきです。

 

赤も青も黄色も緑も手に入れようとするから、ぐちゃぐちゃになるんです。

 

『浮気はダメ、絶対』です。たくさん求めても『虹色』には一生成りえません。

 

次を手に入れたいのならば、きっちり別れてから次を目指しましょう。

無料相談はこちら

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
13位じゃダメなんですか?

コメント