【ボヤ記】ビッグマウスには実力が伴わなければいけないって話

ボヤ記

1年以内に社長になります

へぇー(絶対ウソだな)

『ビッグマウス』

 

なんでもそうだが、驕りすぎは良くない。

 

しかし、世の中には一定数のビッグマウスがおります。

 

今回はそんな『ビックマウス』の話。

大口叩くのと自身を鼓舞するのは違う

人よりも突き抜ける為には、自分を鼓舞するのは大切です。

 

時には人に無理だと笑われるようなことでも、口に出して行かないといけないこともあるでしょう。

 

「社長になる!」「事業を成功させる!」「金持ちになる!」なんてことも口にしている方が叶いやすいと言います。

 

そしてその中には、実際に『有言実行』し成功を収めた方もいると思います。

 

きっと何かを成し遂げる人とは、それぐらいの『自信家』で無いといけないのでしょう。

 

ですから『ビッグマウス』がすべてにおいて悪いってことでは無いとは思います。

 

しかし、僕の知り合いにやれ10人対1人で喧嘩に勝ったとか。

 

自転車で時速150km出したとか。

 

そんな事ばっかり言ってるヤツがいる。

 

仮にA君としよう。

 

A君は昔からそんな感じで、とにかく態度はデカいし、悪さ自慢を始めると止まらないヤツだった。

 

中学生や高校生ならまだ分かる。

 

悪い男子ってモテますからね。

 

女子好きですから、悪くて『ヤンキーな』男子。

 

なんか本能的に惹かれるものがあるのでしょうかね?

 

しかしそれも学生の時までで、大人になるとそんな感じの人はタダの痛い奴になっていく。

 

A君は未だにまだそんな感じを貫いているヤツなのだ。

 

スポンサーリンク

結局何も出来ていない

A君の話はとにかくデカい。話だけはデカい。

 

金儲けの算段が出来てるとか。

 

700人の金持ちの友人がいるとか。

 

この飲食店のオーナーは俺の知り合いだとか。

 

かれこれ『10年』は同じことを言っている。

 

散々語っている金儲けの算段はモノにならないし。

 

700人はいると言われる友人とはこれまで一度も会ったこと無いし。

 

ただ数回食べに行っただけの飲食店のオーナーは全然A君の事知らないし。

 

それこそ知り合いになった直後はすごい奴なのかも知れないと思っていた。

 

しかしそれから数回会った後、A君がまともなヤツじゃ無いのに気付た訳だ。

 

しかし本人は辞めない。

 

その『ビッグマウス』を未だに辞めないのだ。

 

辞められない止まらない、『ビッグマウス』だ。

 

メッキが剥がれる前に、更にメッキを塗りたくる。

 

なぜこんなことが出来るのだろうか?

 

僕は思うのだが、ビッグマウスの人って実は自分に『自信』が無いのではないだろうか?

 

周りの人からの目を気にするあまり、自分を大きく見せているのではないだろうか?

 

しかしね、ハッキリ言って他人からしたらそんなアナタの事なんて気にしてませんからね?

 

人は気にしてるように見えるだけで、全然他人なんてどうでもいいって思ってますからね。

 

結局は自分にしか興味無いんです。

 

100万円貰ったからって他人に言わないでしょ?

 

自分で使いますよね。

 

他人なんて所詮そんなもんですよ。

 

自分が周りを気にしすぎてるだけなんです。

 

だからね、もうそんな変なプライドは捨てましょう。

 

コツコツ努力して結果を残せば、何も言わなくとも周りは認めてくれるんじゃないでしょうか?

 

実力以上に吠えてるといつか絶対失敗する時が来ます。

まとめ

A君はこのまま10年後も20年後も叶いもしないことを吠え続けるのでしょうか?

 

A君、自慢してた金持ちの知り合いにそろそろ助けて貰いましょう。

 

A君、700人の自慢の友達に助けて貰いましょう。

 

A君、『ビッグマウス』には『実力』が伴わないといけないんだぜ。

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
13位じゃダメなんですか?

コメント