【ボヤ記】ホテルに泊まるのも良い事ばかりでは無いって話

ボヤ記

ビジネスホテルの怪・・・

本気でビビるからやめて・・・

社会人と言えば『出張』

 

出張と言えば『ビジネスホテル』である。

 

僕も仕事柄ビジネスホテルを利用する事は多い。

 

サービスも良くなってきているビジネスホテルだが、問題は意外なところで起きている。今回はそんな話。

深夜のノックにご注意を

先日、出張でビジネスホテルを利用した。

 

今はどこもサービスがいいので、部屋に対してのクレームなんかは無く快適に過ごす事が出来たのだが。

 

問題は別のところで起きていた。

 

仕事も終わり、ホテルのチェックインを済ませホテルの部屋へと向かった。

 

お風呂も済ませ、ようやく落ち着けたところでそれが起こった。

 

部屋をノックされる音が聞こえたのだ。

 

綺麗なお姉さんを呼んだ覚えも無かったので、軽くビビって固まっているとまた扉をノックされた。

 

僕は忍び足で部屋の扉まで行き、そーっとのぞき穴から外の様子を窺った。

 

するとそこには見たこともない『外国人が3人』いた。

 

僕はガチでビビって動けなかった。この時はチワワも真っ青なほどブルブル震えてた。

 

3人の外国人は何やら外で喋っている。そして再びその内の一人が扉をノックした。

 

とにかく何も出来ないほどパニクってた僕はしばらく扉の前で固まっていた。

 

すると、僕の部屋の向かいの部屋の扉が空き、外で外国人達の話声が聞こえてくる。そのまま向かいの部屋に入って行く外国人達。

 

どうやら友人の部屋を間違えてたみたいだったのだ。

 

夜中にね、外国人3人はビビるよ、いやマジで。

カプセルホテルは更に怖い

僕は二度とカプセルホテルに泊まることは無いと思っている。

 

これは数年前、出張先で急遽泊りが必要になった時の話。

 

全く予定していなかったし、とりあえず寝れればいいという理由でカプセルホテルに泊まった。

 

今ではとてもおしゃれなカプセルホテルが増えているが、僕が利用したのはザ・カプセルホテルって感じのところだった。安かったし。

 

カプセルホテル利用は初めてだったので緊張していたのを覚えている。

 

シャワーが使えるって事だったので、シャワーを利用しようと廊下を歩いていたところ、突き当りにおじさんが立っていた。パンツ一枚姿で・・・

 

めちゃくちゃ目が合ったと思ったら、おじさんは携帯を触りながらどこかへ行ってしまった。

 

なんだアイツ。めっちゃキモいんだけど・・・

 

なんて思いながらささっとシャワーを浴びて自分の部屋へと戻った。

 

カプセルホテルは自分が利用する部屋の入口にカーテンで仕切りをする程度しか仕切が無い。

 

いたるところからイビキが聞こえるのでイヤホンを付けて寝る事にした。

 

酒も入っていたので結構すぐ寝てしまったのだが、しばらくしてそれは起きた。

 

足を誰かに触れられた気がしたのだ。

 

僕は割と敏感なのですぐに目が覚めた。

 

急いで足元に目をやると、仕切っているカーテンが少し空いており、そこから『おっさんの顔と手』が入って来ていた。

 

・・・もう僕は死んだと思いましたね。

 

僕が起きたと気づいたおっさんはさっといなくなった。我に返った僕が外を確認した時には既におっさんの姿は無かった。

 

その後寝れる訳も無く、とにかくアルコールが抜けるまでひたすらポカリを飲んで早朝に車でその街を後にした。

 

高速のサービスエリアで仮眠を取ったのは言うまでもない。

まとめ

出張がある限り利用しない訳にはいかないビジネスホテル、飲酒運転は危険ですから飲んだら泊まるに限ります。

 

ホテルのサービスは向上していますが、利用者についてはその人本人の常識に左右される為、一概に安心とは言えません。

 

ホテルだから安心だと過信せず利用しないといけないですね。

 

世のサラリーマンの皆様、今日も出張お疲れ様です。ホテルでぐらいゆっくり休ませてもらいたいよね・・・

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

コメント