【ボヤ記】前髪押さえて走る女子多いけどオデコ見られたら死ぬの?って話

ボヤ記

僕には押さえる前髪が無い・・・

オデコがどこなのかも分からない

『運動会』

 

今年はコロナの影響でいつもと違う運動会も多かったとか。

 

今回はそんな『運動会』の話。

今後運動会はこれでいい

さて、運動会といえば外で行うことが多いのでコロナもあまり影響が無いような気もしたのですが・・・

 

これがまた以外に運動会は『密』になる事が多いようで。

 

競技も時短で行って、午前中で運動会を終わらせたところも多かったとか。

 

お昼にお母さんが作った弁当を食べるのも楽しかった思い出があるのですが、まぁ時代の変化ですな。

 

まぁ考えてみれば組体操やダンスもありますしね、そして何と言っても保護者が応援・待機するテントが正に密ですね。

 

保護者の皆さんも可愛い我が子の出番が来るまで、テントで大人しく待ってればいいのですが、田舎の運動会ほどウロウロするヤツも多いですし。

 

なのでこれぐらい短く終わられた方が、保護者も大変じゃなくていいのかも知れませんね。

 

僕は『保護者競技』が嫌いです。正確に言うとやる気なく参加してくる保護者がいる保護者競技が嫌いです。

 

若いお父さんお母さんはブーツとかヒールの高い靴で運動会に来ていることが多いですし。

 

この人らは保護者競技出る恰好じゃないですよ。

 

玉入れとか競技中に当たると結構痛いのよねああいう靴って。

 

服とかも汚れると困るような格好で来るヤツいるし。

 

汚れる度にパタパタやるし。汚れるの気にするならもう競技に参加しない方がいいですよ。

 

髪の毛押さえながら走るぐらいなら徒競走に出るなよ。

 

普段生理的に毛嫌いされてるお父さんが活躍するのが運動会じゃろうがい!

 

運動会にはそんなチャラチャラした気持ちはいらないのだ!!

 

運動会には運動靴にジャージで参加せぇええい!!!

 

なんてことも今後は無くなるかと思うと、これからの運動会は午前中でパパっと終わらせてしまうのが得策なのかも知れない。

スポンサーリンク

運動会はコロナ以外にもリスクがたくさん

運動会はコロナ以外にもたくさんのリスクがあります。

 

特に『熱中症』は注意が必要。

 

5月や10月に行うことが多い運動会ですが・・・

 

どっちの時期でも普通に暑いよね。

 

とにかく近年は異常なぐらい『暑い』

 

もう春とか秋とかって感覚あんまり無いよね。

 

『夏夏冬冬』みたな感じですよ。

 

太陽もね、生まれたのは随分と前ですから、結構年とってる訳ですけどその割にはすっげぇ働きますしね。

 

若いもんには負けてられない精神でしょうか?老害ですよ、老害。

 

今は『働き方改革』とかやってるわけですから、とりあえず太陽も年に5回有給とるべきですね。

 

さて、太陽が労働基準法を守ってくれるようになるまでの間は自分達で『熱中症対策』が必要なわけですが、僕がオススメする熱中症対策グッズはこちら。

 

 

もちろん『水分補給』や『塩分補給』が一番大切なんですが、そんなんは当たり前なので割愛。

 

冷感タオルは運動会以外にも使えるので1家に1セットはあった方がいいと思います。

 

数があれば使いまわしできるし、1シーズン洗いながら何度も使えてコスパいいですしね。

まとめ

これから運動会を取り巻く環境は年々変化していくのでしょう。

 

しかし来年急にコロナが無くなる訳ではないですし、急に暑さが和らぐ訳でもありません。

 

2つとも毎年当たり前の様に注意していく必要があるものに成りつつあります。

 

どちらも自分で対策するしか防ぐ術は無いのよなぁー。

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
13位じゃダメなんですか?

コメント