【ボヤ記】加減を知らないクソガキが嫌いって話

ボヤ記

他人の子でも本気で殴ってやりたい

大体親が子供に興味ない家庭の子に多い気がする

『加減を知らない』

 

最近、加減を知らない子供が多い気がする。

 

人や動物をアホみたいな力加減で叩く子供が近所にもいる。

 

今回はそんな『加減を知らない子供』の話。

スポンサーリンク

人間としての大切なネジを無くしてる

他人や動物に対して『加減を知らない』子供。

 

昔も一定数いたのかも知れないが近年は特に多い気がするのは僕がだけでしょうか。

 

近所にもそんなヤツがいるのだが、僕はそいつがまぁ嫌い(笑)

 

他人の子供なので気にする必要な無いのだが、家が近所だし、そいつの親が仕事で日中いない為、良く家に遊びにくるのだ。

 

僕の子供と帰り道も同じ方向なので学校が終わればそのまま家に来てることが多い。

 

はっきり言って僕はコイツと遊んで欲しくない。

 

と言うのも、コイツは加減を知らないクソガキで、人に平気で手を上げるアホなのだ。

 

少し前に「一緒に遊ばない」と言った同級生に対してケガをさせた前科もある。

 

何かされるのが嫌でみんな距離を取りたいが取れない状態なのだ。

 

コイツはマジで加減を知らない。

 

人を叩く時も『力加減』を分かってない感じ。

 

僕の家で飼っている猫とよく遊ぶのだが、猫じゃらし用の棒で猫を叩きまくる。

 

追い掛け回して頭や体を叩くだけじゃ飽き足らず、棒の先で顔や体を突いたりするのだ。

 

しかもそれをゲラゲラ笑いながらやる。ニッコニコの笑顔でやるのだ。

 

僕が最初にコイツを見た時の感想は、

 

え?こいつヤバない?サイコパスか何かですか?

 

でした。

 

一度、うちのソファで寝ている猫に突然ダイブして猫が変な声で鳴いた時は、他人の子供ですがコイツに思わず手が出そうになった。

 

「生き物に乗ったらどうなるのか分からないのかお前は??そんなことを考える頭も無いヤツは家に来るな!」と少しキツく注意した。

 

それ以来、僕が家にいる時には来なくなったのだが・・・

 

ガチでヤツは頭のネジがぶっ飛んでる気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

親が子供に興味ない家庭のヤツに多い

最近はこういう子供が増えた気がする。

 

指がどこまで曲がるのか試していい?

とか、

 

コンパスでホクロが取れるか試していい?

 

とか、人の子供に対して生活環境に問題があるとしか思えないことを平気で言ってくる。

 

そして、こういうヤツの親は大体『クソ野郎』が多い。

 

スマホにしか興味が無いお母さんと、夏なのに袖が長い服着ているお父さん風の男の組み合わせが多い。

 

キツク注意すると大体アホ丸出しの親が出てくる。

 

子供がやることに本気で怒ってんじゃねーよ!(ガムくちゃくちゃ

いや、ダメなものはダメでしょ。ケガしますよ。

子供の時のケガは武勇伝になるんだよ!(タバコすぱすぱ

・・・誰の?

もうね、話にならないですね。

 

こんな親だから子供もクソ野郎になるんでしょう。

 

子供の性格は90%『環境』で決まると思ってます。

 

頭のネジがぶっ飛んでいる子供はきっと親が作っているのです。

 

親が作る意味不明なクソ理論が子供の人間として大切なネジを一本一本外してしまっているのだと思います。

 

特に今の時代はそれが多く、サイコパスで加減を知らないクソガキが多く誕生してしまっている気がする。

まとめ

弱い者に対して高圧的な態度を取る親が育てる子供は、親と同じように弱い者に対して高圧的になります。

 

人間から見たら弱い立場であるイヌやネコに対してケガをさせるようなことを平気でやります。

 

これからの日本を良い国にするには、もっともっと子供達に目を向ける必要があります。

 

日本を担ってくれる子供達が真っ当に育つよう、親も免許制にしてしっかりした教育を進めていくべきです。

 

タダでさえ子供少ないんですから、真剣に子育てしましょう。

 

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
クソ田舎の中の蛙

コメント