【ボヤ記】運動不足とか言われても運動嫌いなんだもんって話

ボヤ記

運動するのマジでダルい・・・

お前生活習慣病まっしぐらだな。

『運動不足』

 

なにかあっても怖いので健康診断は毎年しっかり受けてる。

 

しかし大体毎年決まって『運動不足』と言われる。

 

毎日ジョギングしなさいとか、スポーツ始めなさいとか、問診してくれたお医者さんにそう言われるのだが。

 

今回は『そんなこと言ったって、僕運動嫌いなんだもん』って話。

身体に悪いの分かってても続かないんだもん

運動しないとどんどん体が衰えて行ってるのは凄く感じる。

 

ちょっと動いただけでハァハァ行ってるし、少し頑張っただけで翌日は筋肉痛で体がバキバキになる。

 

年齢を重ねると代謝も落ちるため、前よりも少し体重が増えてきたし。

 

お腹周りに貫禄が出てきたりもしている。

 

運動して程よく筋肉がある人には凄く憧れるのだが、何せやる気が出ない。

 

それでも気を使って、ユーチューブとかで自宅でできる運動とか調べてやってるのだが。

 

運動してるよりも漫画読んだりしてる方が好きな僕は、やり始めるまでの葛藤が長いのだ。

 

最初はきちんと毎日運動していたとしても、しばらくすると残業や飲み会など適当に理由を付けてやらなくなってくる。

 

辛いのは最初だけだ!結果がついてくれば楽しくなってくるさ!

 

と筋トレ好きな友人に言われるのだが、正直「うるせぇよ」としか思わない。

 

友人には大変申し訳ないのだが、根本的に運動が嫌いな人もいると思うのだ。

こうなったら科学の進歩を待つしかない

とりあえず寝てても痩せられる装置でも誰か開発してくれないだろうか。

 

倒れるだけで、乗るだけで、付けるだけで、と色々なうたい文句の『サポート機器』は見かけるのだが、根本的にやる気が起きない僕には家にあってもタダの洗濯物干しと変わらないのだ。

 

ここまで来ると寝て起きたら痩せてるぐらいの装置が無いと、世の中の肥満は治らないと思うのである。

 

今の高齢者は元気な方が多いが、今の30代や40代が高齢者となった時には生活習慣病患者のオンパレードだと思う。

 

それを救うのはいつの時代だって『科学の力』しかないと思うのだ。

 

なんでもかんでも『自動』で出来るようにしてしまったせいで、僕のようなだらしない人間が出来上がってしまった。

 

これはもう科学技術の進歩が悪いよ。うん、僕は悪くない。

 

楽を覚えた人間を叩き直すには無理があるので、こうなったら逆にとことん楽させてくれ。

 

科学者の皆さん、頼みます。いや、マジで頼みます。

まとめ

とはいっても僕にも大切な家族がいる。僕が先に死ぬ訳には行かないので何かしら行動を起こすべきなのだろう。

 

とりあえず体脂肪を減らすお茶を毎日飲むとこから始めてみようかな・・・

エルセーヌMEN

コメント