【資産運用の話】PayPay証券編『2021年10/16~10/31 実績公開』って話

PayPay証券の話

無心だ、無心で買うだけだ

未来の自分の為にコツコツと

PayPay証券

 

『paypay証券』

 

『1,000円』から投資が出来るという事で、毎月の貯金の一部をpaypay証券口座に回し運用していきます。

 

2週間に1度の頻度で収支報告していきますのでよろしくお願いします。

 

※前回の内容はコチラからどうぞ

スポンサーリンク

2021年10月16日~10月31日 運用実績公開

2021年10月16日~10月31日までの収支報告になります。

 

今回は追加入金はありませんでした。

 

前回入金しているのでしばらくは追加入金は必要無いかと思ってます。

 

生活切り詰めてまでやるものではないですからね。

 

あくまで余剰金を運用するスタンスで行きます。

 

今回は配当金はありませんでした。

 

配当金累計額  :155円(2021年10月31日時点)

 

配当金は『1,000円』貯まれば『再投資』していきます。

 

気になる『運用実績』はコチラです。(2021年10月31日時点)

 

【運用実績】
総資産額 : 160,035円
投資元本 : 158,017円
評価損益 :   +2,018円

 

評価損益がプラスの期間が続いております。

 

『ポートフォリオ』はこのような形です。

 

 

『ETF』を多めに保有する形となっております。(わかりにくい)

 

コチラが『保有銘柄一覧』になります。

今回は『25,000円分』を買い増ししたみたいです。

 

特に購入ルールは設けてないので、含み損が増えたところを買い増ししているみたいです。

 

昨今、『日経平均株価』『3万円』を超えてくるとバブルだなんだと言います。

 

『日経平均株価』とは『日本経済新聞社が東証1部に上場する企業の中から選んだ、日本を代表する225社の平均株価』のことですが・・・

 

僕は株価の知識は無いので間違ってたら申し訳ないのですが、

 

日経平均株価って高い方がいいんじゃないの?

 

と思ってます。

 

というのも、僕は『日経平均株価』が上昇するということは、企業の業績が良いですよーってことだと思ってまして。

 

大きな会社にはどんどん頑張って貰って、雇用促進して給料上げて貰って、より安くの価格競争を辞めて、物価を上げて消費を促していけば日本はより豊かになる気がします。

 

「一部の企業だけが儲かって・・・」とか「中小企業も・・・」とか何とかそれっぽいこと言いながら平均値を低いところに合わせようとし過ぎな気がします。

 

お金を稼ぐことってそんなに卑しいことでしょうか?悪でしょうか?

 

成功している人の『成り上がりストーリー』よりも『転落ストーリー』を楽しみにしている人が多い気がします。

 

諸外国の様にもっとガツガツお金を稼ぐことに尽力しても良いと思います。

 

常に過去最高を更新し続けていいじゃないですか!!

 

僕が20年後に豊かな生活が出来るようにアメリカ様にはこのまま経済成長を続けて貰いたいです。

 

日本もね、とりあえず日経平均『5万円』目指しますか。

 

色々な世界情勢で株の値上がり値下がりがありますが、一定数保有するまでは小さいことは気にせず上がった時も下がった時も買い続けていきます。

 

『貯金の延長のつもりでとにかくガンガン購入していきます。

 

今は損益気にせず地道に積立!!

 

5年後、10年後の為の資金を作るようなイメージで運用します。

 

今後も臨時収入等があればそれも積極的にコチラの口座に回して、出来る限り『保有資産』を増やしていけるように努めます!

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

スポンサーリンク

利用している証券会社をご紹介

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

 

話題の『株式投資』がスマホ1つで気軽に『1,000円』から始めることが出来ます。

スマホ証券【PayPay証券】のおすすめポイントをご紹介します。

 

①日米厳選企業への投資
②取引は3タップで超簡単
③1,000円から投資が出来る

 

PayPay証券

①日米厳選企業への投資

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

株式投資に興味はあるが、どの企業に投資していいのか分からない

 

『株式投資』を敬遠している方の大半はコレが原因ではないでしょうか?

 

『株式投資』をするにあたって、もっとも重要なのが『銘柄』選びになります。

 

それこそとんでもない数ある企業の中から自力で探し出すなんてことは、知識も経験もお金もない僕には到底できません。

 

しかし【PayPay証券】は数ある銘柄の中から『厳選した銘柄』への投資が可能となっております。

 

小学生でも知っているような有名企業銘柄を『日本株・米国株』共に厳選。

 

厳選された銘柄の中から自分が応援したい企業を選び投資することで、下手な銘柄選びで損失を出してしまうリスクを軽減することが出来ます。

 

更に【PayPay証券】誕生記念に日米株合わせて『50銘柄』が新たに追加されたりと、取り扱い銘柄のラインナップも充実しております。

 

厳選銘柄から自由に選んで投資が出来る、僕のような素人にはこれはかなり助かります。

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

②取引は3タップで超簡単

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

購入までが複雑すぎるとやる気が出ないよね・・・

 

「ただ株の購入が出来ればいいだけなのに・・・」なんて思ってる人も多いのではないでしょうか?

 

そうなんです、玄人の投資家さんであれば、多岐に渡る機能があっても使いこなせるのですが・・・

 

僕みたいな投資ド素人には過剰すぎる機能は邪魔でしかありません。

 

『株を購入すること』が何をおいても大事なんです。もうね、これだけなんです大事なのは。

 

株を購入するまでの操作が複雑すぎると本末転倒。『株式投資』をする前に挫折してしまいます。

 

その点、【PayPay証券】の操作は超が付くほど簡単です。

 

特に『取引アプリ』が素晴らしい。

 

もちろん、PC取引サイトもあるのですが、僕は圧倒的に『アプリ』の利用をオススメします。

 

【PayPay証券】の取引はわずか『3タップ』で完了します。

 

 

徹底的に初心者に優しいつくりとなっておりますので、とにかく挑戦してみたいって方には非常に使いやすくなっております。

 

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

③1,000円から投資が出来る

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

まとまったお金が無いから投資なんて出来ない

 

『投資』なんて言葉を聞くと真っ先に思い浮かぶであろうこの言葉・・・

 

しかし今の時代、『少額投資』が出来るサービスは多く存在しています。

 

『1株から購入できる証券会社』も探せばたくさんありますしね。

 

そういった面では以前よりも投資デビューへのハードルは下がっているのは事実でしょう。

 

かく言うワタクシも「1株から買えるなら気軽に投資家デビューが出来そうだな!」って思ってました。

 

なんとなくですが『1株=少額』って感じがしますしね。

 

しかし、実はこの『1株』って表現がかなりの曲者なんです。

 

あの有名なAmazonも『1株』から購入可能ではありますが、Amazonって1株購入するのにいくら必要になるかご存じでしょうか?

 

時期によって変動してますが1株『約37万円』です・・・

 

こんなの僕は1株すら簡単には買えません・・・

 

もちろん、1株が『1,000円以下』の銘柄もありますが有名企業だとハードルがグッと上がります。

 

しかーし!!その点、【PayPay証券】は心配ご無用!!

 

【PayPay証券】は日本の有名企業はもちろんのこと、AppleやAmazonなどの米国有名企業にも『1,000円』から投資が可能となります。

 

そうなんです、『1株単位』ではなく『1,000円単位』で投資が出来るってのがミソなんです。

 

まとまったお金が準備出来るまで待ってから投資を始めていては『投機』を逃してしまいます。

 

手元にある金額で気軽に投資を始めることが出来るのが【PayPay証券】最大の特徴と言えるでしょう。

 

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

運用・取引ルール

『運用方法・取引ルール』は一応簡単には決めてますが、一番はしっかり続けるということですね。

 

主な運用ルールは以下の2つです。

 

①積立投資をすること

②購入銘柄は【米国株・米国ETF】のみ

 

それぞれ説明します。

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

①積立投資をすること

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

まずは一番大切な『運用方法』のルールです。

 

これは何も迷うことなく『長期・積立投資』一択としております。

 

投資に回せるお金が少ない僕ととても相性がいい投資方法ですね。

 

『積立投資』は自分が決めたタイミング・金額で定期的に金融商品を購入する投資方法です。

 

『積立投資』には、『定量購入』『定額購入』の2つの方法があります。

 

特に、『定額購入』『ドル・コスト平均法』といって、『長期・積立投資』を実践するうえでとても大切なことになります。

 

『ドル・コスト平均法』とは値上がり・値下がりする株式の購入単価を下げるために定期的に一定金額ずつ買い付ける方法です。

 

購入時期を分散することで『価格変動リスク』を低減させる効果があります。

 

定期的に一定額を投資すると、株価が安いときは多く、株価が高いときは少ない株数を購入することになり、結果として1株当たりの購入価格は平均化されます。

 

 

また、投資を短期でなく『長期』で行う理由は、単に僕が投資ド素人で相場が読めないからそうしております(笑)

 

『投資』で得られる利益は2種類。

 

『キャピタルゲイン』『インカムゲイン』ですね。

 

『キャピタルゲイン』とは資産を『売買』することで得られる収益のことです。

 

『1万円で購入した株式を2万円で売却し1万円の利益を得る』という投資初心者の方でもイメージし易い利益の出し方ですね。

 

『インカムゲイン』とは資産を『保有』することで得られる収益のことです。

 

『分配金』『配当金』がコレに該当します。なんとなく聞いたことありますよね?

 

キャピタルゲイン ・・・資産を『売買』することで得られる収益
インカムゲイン  ・・・資産を『保有』することで得られる収益

 

投資と聞いてよく言われる『安く買って高く売る』、これが出来れば誰も苦労しません。

 

相場を読む力が乏しい僕は、とにかく『貯金感覚で長期積立投資し配当金を得ながらいつか来る売り時を待つ』という方法がベストだと判断してます。

 

この方法だと株式の値上がり・値下がりに一喜一憂する必要もありませんし、あくまで『貯金の一環』として長く細々と続けて行けますしね。

 

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

②購入銘柄は【米国株・米国ETF】のみ

画像引用:スマホだけで1,000円から投資【PayPay証券】

続いて大切な『購入銘柄選び』についてですが、【PayPay証券】を利用してますので購入銘柄は『米国株・米国ETF』のみ選びます。

 

『米国株・米国ETF』『1,000円』から投資が出来るのが【PayPay証券】の強みですから、それを活かさない手はありません。

 

肝心な『銘柄選び』の基準としては、頑張ってほしい企業や自分がよく利用する企業を中心に選んで投資します。

 

『企業応援する為に株を買う』と言う考え方ですね。

どこの株が上がるとか、上がらないとか考えてても神様では無いので分かりません。

 

私たちが『投資(応援)』することで、企業の業績が上がり私たちに利益として『還元』されるという考えですね。

 

投資の知識が無くとも運用出来る証明が出来ればと思ってますのでルールを守ってしっかり続けていきます!

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

まとめ

ここまで読んで頂きまして誠にありがとうございました。

 

とにかく色々なことに挑戦してみましょう!

 

『経験値』はどんなことでもアナタの財産になります。

 

失敗も成功も全てアナタの大切な財産です。

 

時間は『有限』、人生は過去には戻れません。

 

思い立ったが吉日です、『今が一番若い瞬間』です!!

 

僕のブログで既に貴重な時間を10分無駄にしちゃってます。

 

恐れず何事にも挑戦してみましょう!

少額から気軽に投資が出来る
PayPay証券

コメント