【FX自動売買の話】トラリピ編『2022年6/6~6/11 収支公開』って話

トラリピの話

ロスカット退場・・・

100万円貯めて出直します・・・

 

『豪ドル/NZドル(休止中)』、『加ドル/円』、『ユーロ/円』、『ユーロ/英ポンド』、『NZドル/米ドル(休止中)』でトラリピ運用を行っておりましたが・・・・

 

2022年6月7日、アホみたいな円安の被害者になりました。

 

今後の更新予定は未定です。

 

※収支実績についてはコチラからどうぞ

スポンサーリンク

2022年6/6~6/11までの収支報告

2022年6月6日~6月11日までの収支報告になります。

 

まさかこんな結末になるとは・・・

 

人生初のロスカット退場でございます。

 

約定通知が来た瞬間は顔面蒼白でした。

 

 2022年6月7日 ロスカットによる強制決済 退場

 

急激な相場の変動に耐えれるだけの資産で運用すれば良いのでしょうが、元手が少ない人は少々のリスクを背負いながら運用するしかないのです。

 

利確しながら少しずつ資産を増やしてきたのですが、まさかこんなことになるとは・・・

 

もちろん相場に絶対は無いので、この辺まで想定して運用するべきだったのでしょうが・・・

 

時すでに遅し・・・今回の相場で数百万、数千万のロスカット食らった方も多いと聞いてます。

 

僕のマイナス金額なんてクソみたいなものなのでしょうが、平民にはキツい金額です・・・

 

スポンサーリンク

各通貨毎の反省と学び

各通貨毎の反省と学びですが、語る必要が無いぐらいの『超円安相場』でした。

 

全ての通貨ペアのポジションが強制決済され、ノーポジションクソ野郎になりました。

 

ユーロもドルも、強い。というか円が弱い。

 

もう完全に政府が円安推奨だと分かりましたね。

 

いずれにせよ、不労所得には興味しかないので、いつかは戻ってきたいと思ってます。

 

次はドルストレート通貨関係をメインに運用したいです。

 

クロス円通貨はちょっと触りたくないかも・・・

 

とにかく運用資金『100万円』貯まったら再挑戦ですね。

 

高い授業料払ったと思って今回の失敗は深く深く嚙み締めます。

 

皆さんに勘違いしてほしくないのは、トラリピが悪い訳ではないという事です。

 

悪いのは相場を甘く見ていた僕自身なので、しっかり余裕ある設定ならばロスカットされることはなかったので。

 

絶対また戻って来てやる・・・仕事がんばろ・・・

僕が利用しているFX会社はコチラ


画像引用:マネースクエア

 

『感情に左右されないトレード』、僕みたいに仕事しながらやってる人には打ってつけです!

 

余剰金がある方は是非挑戦してみては如何でしょう!

 

僕がFX自動売買で利用しているFX会社は【マネースクエア】です。オススメポイントをご紹介します。

マネースクエア

 

①トラリピ運用試算表でリスクの見える化
②トラリピ1クリックで簡単設定
③取引で貯まるマネースクエアポイント

トラリピ運用試算表でリスクの見える化

マネースクエア】には『トラリピ運用試算表』なるものがあります。

 

これは注文設定を入力するだけで、「どれぐらいでロスカットになるのか?」「ストップロス時の損失額は?」などのリスク計算ができるツールです。

 

注文前にリスクの詳細を把握することでより正確な資産運用計画を立てることが出来ます。

 

トラリピ1クリックで簡単設定

画像引用:マネースクエア

『トラリピ1クリック』とはトラリピの発注設定を1クリック設定できるとても便利な機能になります。

 

トラリピの発注設定には、通貨ペア、売り/買いの別、レンジ幅、仕掛ける本数、注文金額、狙う利益金額など、結構面倒な設定が必要になります・・・

 

設定がよくわからない方や、注文設定に悩んでいるという方には、この『トラリピ1クリック』がかなりオススメとなります。

 

気に入ったモデルを1クリックで設定完了、簡単にトラリピ運用をはじめられます。

 

取引で貯まるマネースクエアポイント

マネースクエア】では取引が成立する度に『マネースクエアポイント』がどんどん貯まります。

 

貯まったポイントは現金に交換も可能で、証拠金として利用することも!

 

またその他のサービスに交換することも出来ますので、どんどん取引してうまくポイント利用すればお得に取引することが可能です。

 

 

まとめ

次回更新は未定ですが、運用準備が整ったら更新再開していきます。

 

マネースクエア

マネースクエア

コメント

タイトルとURLをコピーしました