【ボヤ記】『美』とは『時間』と『金』の集合体って話

ボヤ記

学校の保護者会で遅くまで余所の奥さんと一緒にいると変な雰囲気になるよね。

そういうところから不倫が始まるんだぞ。

先日、友人と話していた時、自分の奥さんがオシャレや美容に気を使ってくれないという話になった。

 

服は安物で済ますし、エステどころか美容室にもなかなか行かないそうだ。

 

余所の奥さんは綺麗な人が多いのに。恥ずかしい。

と言ってたので、今回は僕が思うて『美』についての話。

何もしてなくて美人の奴なんて一握りしかいない

まず大前提に、綺麗や美しいとされる方は何も努力せずに美を保っている訳ではないと思う。

 

誰でもそうなのだが、横になってゴロゴロしながらポテチを食べてても綺麗にはなれない訳で。

 

きっと色々な部分で我慢や努力を重ねた結果が『美』としてその人に返って来ているのだと思う。

 

だから僕は思う。

 

綺麗な人は『何もしてないです』『簡単な食事と軽い運動だけです』などと言うのは辞めた方がいい。

 

だって絶対努力している筈ですから。だから世の中の人が勘違いしないように、

 

月数十万かけてエステに通ってます。トレーナー付きのジムで毎日運動してます。出費も運動もマジ辛いです。

 

と正直に言うようにした方が絶対に良いと思う。

 

そうすれば「なるほど!努力しているから綺麗なのね!」ってなる筈だ。

しかし現実問題働くママさんは忙しい訳で

「いやいや、そんな事は分かってるわ!」という事で。

 

家事に育児に仕事にと大忙しのお母さん方は、そんな優雅にエステだジムだといってる暇はありません。

 

旦那はパチンコ行ったり、飲みに行ったり自由な時間満喫しやがって!くそがっ!

 

が本音でしょう。

 

ここからは僕の偏見になるが、綺麗な女性には独身の方や専業主婦の方が多いイメージがある。

 

要は『金』と『時間』に余裕がある人が綺麗な気がする。

 

もちろん何を持って『綺麗』なのかは個人差がある為絶対ではない。

 

しかし『肌が綺麗』だとか『体型が綺麗』ってのは、如何に自分に時間とお金をかけれているかが直結している気がするのだ。

 

ならば時間やお金に余裕がある人が綺麗になっていくのは必然的だよねって思う。それだけ自分に掛けれるものが多い訳ですから。

 

うん、超偏見ですね。申し訳ない。

自分よりも子どもを優先してる奥様は素敵だ

しかし僕個人的には、子どもがいるのにキラキラ着飾って、モテオーラ出しまくってる奥様よりも、自分より子どもを優先してます感満載の奥様の方が好きだ。

 

結婚とは結局『信頼関係』でしかない訳で、旦那さんと奥さんが互いに信用が出来なくなった時点で破綻するものだと思う。

 

互いにとっての重要視される信頼とは、『家族を一番に考えれる事』だと思う。

 

自分の事なんか二の次のお母さん?素敵じゃないですか。

 

頭が禿げ上がるぐらい必死に働くお父さん?かっこいいじゃないですか。

 

冒頭の友人の話に戻るのだが、奥さんが美容やオシャレに気を使えないのは、何も本人にその気がない訳ではないと思うのだ。

 

きっと、時間とお金があればエステにだって、美容室にだって行きたい筈だ。

 

それに時間とお金をさくほど余裕が無いってことじゃないだろうか?

 

うん、つまりはこれは奥さんでは無く実は甲斐性が無い友人が悪いのである。

 

こんな事にも気づかない様では、きっと友人の奥さんはいつか金持ちでイケメンな男性に奪われてしまう事だろう。

まとめ

自分の奥さんを綺麗にしたいのであれば、まずは自分が変わる事が大切だ。

 

今、僕の横でポテチを食いながらゴロゴロしている妻・・・

 

明日子ども見とくからエステでも行っておいでよ。

と声でもかけてやろうかな。

エルセーヌ

コメント