【ボヤ記】安い酒と甘い歌声では酔えないって話

ボヤ記

ぅア~イ~ルァ~ヴユぅ~~~

キモイキモイキモイ

さて、飲み会の定番と言えばカラオケである。

 

僕もカラオケ大好きなのだが、カラオケには実はパターンが二つあると思ってて。

 

その一つがどうも苦手なのだ。

 

今回はそんな『カラオケ』の話。

カラオケのパターンは2つ

カラオケの二つのパターンとは何なのかって事について説明しましょう。

 

一つはパターンは『カラオケ店』で歌う場合のカラオケ。

 

ビックエコーやシダックスなど『カラオケのお店』に行って歌うやつですね。

 

もう一つのパターンは、バーやスナックなど、いわゆる『飲み屋』で歌う場合のカラオケですね。

 

両方とも括りは同じ『カラオケ』なのだが、決定的に違うところがある。

 

それは『自分達以外のお客さんがいること』だ。

 

カラオケ店の場合は、自分達のグループのみでカラオケを楽しむ事が出来る。

 

誰の目も気にする事なく、盛り上がることが出来るのだ。

 

誰もが知ってるメジャーな曲でなくても、身内だけが盛り上がる曲なら特段何を歌っても問題はない。

 

履歴が全部アニソンでも、演歌でも、ジャニーズでも関係無い。

 

とにかく『カラオケ』を楽しむ為の場所なのだから何を歌おうが、誰と歌おうが、誰とハモろうが問題ない場所なのである。

 

もちろん、一人カラオケが好きな僕も良く利用している。

 

採点やったりして、密かなストレス解消法の一つだ。

 

そして冒頭で述べた僕が嫌いな方の『カラオケ』がこのバーなどの飲み屋さんにおいてのカラオケだ。

 

これの何が嫌いなのかと言うと、

 

バーやスナックは酒飲むのがメインやろ?カラオケはサブやっちゅうねん。

 

である。

スポンサーリンク

カラオケしたいならカラオケ屋に行け

お酒を楽しみたい人もいるだろう。

 

いい雰囲気の男女もいるだろう。

 

嫁とは違う女性と楽しく飲みたい男性もいるだろう。

 

スナックやバーはそういうドロドロネチョネチョした欲が入り乱れる場所なのだ。

 

良くわからん子達がマイク持ってピッチのズレたきしょい声でワーワー歌う場所ではない。

 

美味しい酒を飲みながら、うまい歌を聴けるのであれば文句は言わない。

 

でもね、キーの高い声で発情期の犬や猿みたいにキャンキャンしているだけの歌とか。

 

しゃくり強めで音程わざと外して歌うような癖が強いヤツとか。

 

ちょっと多すぎるよ。うん、カラオケ歌いたいんだったらカラオケ屋に行け。

 

なんでこっちが気を使ってちょっと大きい声で喋らないといけないんだよ。

 

喋れないからって歌って誤魔化すな。コミュ障かお前は。

 

大体ね、こういう人って誰かに聞いてほしいのか知らないがめっちゃ絡んでくるでしょ?

 

ライブ会場かの如く絡んでくるでしょ?

 

僕はね、アナタの歌を聴きにきたお客さんじゃないのよ。

 

いろんなお付き合いで来てるわけです。こっちにはこっちの事情があるんです。

 

「ならそんなとこ行かなきゃいいじゃない」とか言われますけど、社会人ともなれば、行きたくなくても行かないといけない日ってありますよ。

 

飲みの場って雰囲気が大事なんです。

 

カラオケメインのサブお酒では無いんです。お酒メインのサブカラオケなんです。飲み屋さんは。

 

マイク持って、「あぁあ”あ”あ”ああっ!」とか「わぁああ”ああ”あっ!」みたいなことをしていいとこではないのです。

 

なんでクソみたいな歌聞かされて金払わないといけないんじゃ。

 

YouTubeで音楽かけて貰ってる方が100倍マシだわ。

まとめ

他人と同じフロアで飲む・歌うからこその最低限のマナーってあると思うんですよ。

 

ひたすらにバラード歌われても困るんです。

 

エグ〇イルみたいな歌い方で、めっちゃこっち見て来ても困るんです。

 

それなら個室でも用意して、聞かせたい人に聞かせてください。

 

「ありがとうー」って言われても、こっちはアナタの客じゃないしね。

 

という、空気が読めないヤツが嫌いだって話。

 

家で一人で歌ってればいいのに。

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
13位じゃダメなんですか?

コメント