【ボヤ記】忘年会で年を忘れることは出来ないって話

ボヤ記

新入社員は忘年会で一発芸しろよ

お前パワハラでクビな

『忘年会』

 

さて、忘年会の時期がやってきました。今年はコロナで忘年会無しの会社も多いことでしょう。

 

例年、『忘年会』とは1年を締めくくる年末の恒例行事ですね。

 

しかし社会人の忘年会とは、友達とワイワイ賑やかに飲み会するのとは訳が違う。

 

そう、社会人の『忘年会』とは戦場なのだ。

 

今回はそんな『忘年会』の話。

スポンサーリンク

一発芸の文化をどうにかしたい

社会人の忘年会と言えばなぜか『一発芸』が欠かせない雰囲気がある。

 

これが新入社員には『苦行』でしかない。これのせいで忘年会が嫌いな人も多い事だろう。

 

僕も個人的には凄く苦手である。

 

今年はコロナで忘年会が軒並み中止になってるので、不謹慎だがめっちゃ嬉しい。

 

このまま『忘年会無し』が定着してくれないかと願っております。

 

そもそも僕は飲み会自体も好きではありません。

 

それに加えて一発芸までやらされるとなると、上司のハゲ頭を殴りたくなりますね。

 

大体ね、普段お客様相手に神経すり減らしているのに、なぜに年の暮れに会社のメンバーを楽しませないといけないのか疑問です。

 

むしろ一年間頑張ってくれた社員の為に、社長が誰かゲストでも招いて社員全員が見る側、所謂『接待される側』として楽しませて貰えないのだろうか?

 

せっかく年を忘れる為の飲み会なのに、一発芸で盛大にやらかして一生『忘れられない思い出』になってしまっても困るのだ。

 

未だに「新入社員は忘年会で一発芸だ」なんてクソみたいな文化を残している会社があるのも事実な訳で。

 

断ると断るで雰囲気が悪くなる会社だってある。

 

どうしても我慢できなければ会社を辞めてしまうのも手だと思うのです。

 

だって忘年会でそんなノリの会社ならば、普段の仕事においてもそんなノリなのだ。

 

自分が思う通りにならないと不機嫌になる上司がいる職場で長く務まる訳がないのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とはいえノリが良い奴の出世率は異常

しかし、時には一発芸をものともしないヤツがいるのも事実。

 

お笑い芸人やユーチューバ―が務まる人ならば、忘年会での一発芸程度屁でもない筈だ。

 

この様な人達に共通して言えるのは、『行動力・コミュニケーション力』が人よりも秀でているという点。

 

仕事をするにあたって行動力や度胸、頭の回転が速いなどはとても大事である。

 

と言うか何やるにしてもこの能力はかなり重要である。

 

真面目だが仕事が遅く営業力も無い人よりも、不真面目だが仕事が早く営業力も有る人の方が会社としては嬉しいのだ。

 

これと忘年会の一発芸が出来るヤツが直接結びつく訳では無いのだが、振られた事に対して咄嗟に『機転を利かせて返せる能力』は素晴らしいって話です。

 

世の中、自分より年上や経験豊富な人が多い職場に勤めてる人が多いのではないだろうか?

 

そんな人達に『気に入られる努力』をするのも、社会人としてやるべき事の一つではないかと思うのだ。

 

『わたしは上司に媚びるつもりなんて無い!』って人は起業でもして自分一人で働く事をオススメします。

 

『起業なんて出来る訳ない!まだ若いのに!』なんて言ってる人はただのワガママだ。

 

会社は学校では無いのだから、上司は優しい先生でもない。

 

学校ならばワガママで和を乱してても卒業できるが、会社の場合和を乱すヤツはクビになるしかないのだ。

まとめ

社会人は嫌な事やりたくない事を笑顔でやらないといけない事もある。

 

たかだか会社の忘年会の一発芸すら出来ないヤツは、遅かれ早かれクレームに根を上げて辞めていくだろうとの見方をしている上司も多いのだ。

 

困難から逃げるだけでなく、『乗り越える力』を身に着けるのも社会人としては大切な事なのかもしれない。

 

・・・という事で何かウケがいい一発芸を誰か僕に教えてください。

ボヤ記
スポンサーリンク
永遠の13番手をフォローする
クソ田舎の中の蛙

コメント